ボーディングスクールとはなにか?

ボーディングスクールは、英語で「BoardingSchool」と書きます。ボーディングは日本語では寄宿、下宿生活のことでボーディングスクールは、つまり全寮制の寄宿学校のことです。

全寮制の学校は世界的に見ても限られていますが、その教育的なメリットとしては、両親や家族と離れた場所で、他の学生とともに生活をすることで心身の修養を高め、規則、礼儀、自立心、コミュニケーション能力を得るということになります。授業においても少人数で行われるのが一般的で、いわゆる英才教育を受けるといったものが中心になります。

ボーディングスクールは、現在の日本においてはその数が限られており、また入学するためには高いハードルをこえる必要があります。

このため進学校的な性質の学校がほとんどで、あまり馴染みのある学校とはいえません。その一方で海外では留学生向けのボーディングスクールが存在しています。

海外留学では治安や物価、異文化などさまざまな不安がありますが、全寮制の学校であればそれらの不安を軽減することができ、安心して留学させることが可能です。

また日本以外のさまざまな国からの留学生も受け入れているので、グローバルな視点に立った考え方や異文化コミュニケーション能力を高めることができます。

多くの場合には都市からある程度離れた場所に位置しているため治安面でも安心ですし、日本とは異なった環境で学ぶことで、多面的な考え方を養うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です