高校留学の一番のおすすめ

高校留学とは、外国の高等学校に一定期間在籍し、そこで授業を受けることにより自身のスキルアップを図ることを言います。授業は日本語で行われないため、一般的な高校留学は、イギリス、アメリカ、オーストリア等の英語圏諸国への留学が大部分を占めます。

現地での滞在中は、高校の寮に住むこともありますし、ホームステイというかたちでルームメイトの家にご厄介になることも少なくありません。異国の文化に触れ、日本では味わうことのできない体験ができ、本場の外国語を学ぶことができるという点で、高校留学のメリットは非常に大きいと考えられます。
一般の旅行会社が企画する高校生向け留学もあれば、諸外国との関係が深い公益財団法人・社団法人などが主催する留学もあり、どれも相応の面白さがあり、興味深いものがあります。

なかでも、一番のお薦めは、自校が所属する教育委員会主催の留学に応募することです。教育委員会は県・政令市等にあり、その自治体は姉妹友好都市を持っているケースが少なくありません。ネットワークが確立され、教育委員会が主催する留学は、概してリーズナブルなものが多く、その内容も充実したものとなっています。

授業に限らず、姉妹友好都市の市役所を訪ねたり、パレードに参加させてもらえたり、外国の動物園や水族館、テーマパークなどに招待されるカリキュラムまで組まれることがあるのです。高校生活3年間のうちに、一度は経験してもよいかと思われます。しかし、教育委員会主催の留学は、選抜試験があります。決して狭き門ではありませんが、相応の英語力が求められるのは当然です。

ですから、高校留学の前に毎日の授業をしっかりと聞き、テレビやネット配信の英会話などを通じ、日頃から英語に接しておくことが重要です。努力を惜しまず、頑張って貴重な体験をしてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です